9月 11, 2015

11月から来年の3月までの期間は、北からの冷たい乾燥した空気が入り込むことによって日本列島は乾燥の気候に入ります。乾燥した時期になると生活な様々な影響が出るのですが、その影響の中で最も重い種類の一つが細菌感染率の増加でありインフルエンザの感染増加です。インフルエンザは豚や鳥に感染していたインフルエンザウイルスが体内に侵入することで発症する病気で、潜伏期間として1週間経った後に光熱や吐き気そして倦怠感などを発症しそれが3日以上続くため免疫機能がしっかりしていない10代前半そして60代以上の高齢者は特に注意しなければならないのです。インフルエンザには潜伏期間はそれは体内に侵入したあとに増えるための期間を意味するのですが、しかしその潜伏期間に当てはまらないインフルエンザを発症したときには注意する必要があります。それは新型インフルエンザであり、インフルエンザといっても豚や鳥に潜伏している種類というのは多種多様な形で存在しておりその全てが人間の体の構造に合うことによって感染するというものではないです。しかし本来合うはずのない種類が、体内に入り込んだ地点で自分の体の形状を変えて人間の体に侵入してしまうタイプに変わってしまうことがあります。それが新型であり、新型に感染すると効果的な治療は存在せずさらに感染力も通常の種類よりも強いことで大流行を意味するパンデミックに発展する危険性があります。そこで毎年新型が出るかもしれない可能性があるときに、各自治体では新型行動計画が作られています。新型行動計画は、ウィルスには害ではなかったのに形状を変える進化をすることがあることを念頭において実際に起こったときに対処する計画を立てていることを新型行動計画といいます。新型行動計画では主に実際に発症した人を隔離する場所を作ったり、また治療の行える場所の確保や避難経路などが盛り込まれています。 [...]
Read More »

Proudly powered by WordPress and Sweet Tech Theme