8月 29, 2014

インフルエンザに感染してしまった場合には、筋肉の節々が痛くなることや全身の倦怠感、高熱などの症状が出ます。 一見、風邪と似たような症状が出ますが、一気に症状が重くなるのがインフルエンザの特徴です。 風邪かインフルエンザか分からない場合には、速やかに医療機関を受診しインフルエンザの検査を受けられるとよいでしょう。 検査後陰性だった場合には医療機関からタミフル、リレンザ、イナビル等のお薬が処方されます。 これらのお薬をインフルエンザに感染後48時間以内に服用することで、ウイルスの増殖を抑えることができ、症状を軽減することが出来ます。 しかし、タミフルに関しては2005年頃に10代の未成年が服用した際に異常行動を起こし、死亡事故に繋がったため10代に用いる際は注意と制限がされています。 また、イナビルに関してはアンケート調査をしたところ、5歳以上の小児が適切に吸入できると示しているので、吸入がきちんとできるのであれば年齢制限がないようです。 インフルエンザの治療薬を用いる際は、医師と相談した上で適切な薬を処方されるとよいでしょう。 [...]
Read More »

8月 21, 2014

インフルエンザを事前に予防するには、日頃から睡眠をしっかりとり、栄養バランスが摂れた食事をして規則正しい生活をされるとよろしいです。 また、インフルエンザが流行している時期はなるべく人混みの多い場所を避け、出かける際はマスクを着用するなどして感染には注意してください。 ご自宅で予防する方法としては、外出先から帰宅した際は必ず手洗い、うがいを心がけましょう。 免疫力を高めるためにも運動し、筋肉を維持することによって免疫力をアップすることや、入浴で湯船にきちんとつかり手足の冷えや血行を良くするために全身を温めると免疫細胞が全身に行き渡ります。 また、食事をされる際も免疫機能を高める食品を選ぶことでインフルエンザの予防ができます。 免疫力を高めるためには乳酸菌を含むヨーグルトや、腸内の善玉菌を増やす食品を摂ることで免疫細胞が活性化されますのでお勧めです。 インフルエンザが流行する前に予防接種をすると感染しても症状が軽く済みますので、ワクチンを医療機関で受けられるとよいです。 インフルエンザのワクチンは感染を抑える作用はありませんが、インフルエンザの重症化を防ぐことができます。 厚生労働省の効果に関する研究では、65歳以上の高齢者では約45%阻止でき、死亡率を約80%阻止する効果があったようです。 また、ワクチン接種後2週間から5ヶ月は予防効果が期待できます。 しかし、流行前にワクチンを接種しなければ効果は期待できません。 インフルエンザワクチンは、インフルエンザA・B型と新型インフルエンザに予防効果があります。 接種料金は各市町村や医療機関によって異なり、1000円~3273円ほど掛かり費用は自己負担です。 成人の場合では1回の接種で64%の効果があり、2回接種することで94%の予防効果があります。 インフルエンザに感染し症状を少しでも軽くするためにも、毎年インフルエンザワクチンを接種されるとよろしいでしょう。 [...]
Read More »

Proudly powered by WordPress and Sweet Tech Theme