インフルエンザの対処法

インフルエンザに感染してしまった場合には、筋肉の節々が痛くなることや全身の倦怠感、高熱などの症状が出ます。
一見、風邪と似たような症状が出ますが、一気に症状が重くなるのがインフルエンザの特徴です。
風邪かインフルエンザか分からない場合には、速やかに医療機関を受診しインフルエンザの検査を受けられるとよいでしょう。
検査後陰性だった場合には医療機関からタミフル、リレンザ、イナビル等のお薬が処方されます。
これらのお薬をインフルエンザに感染後48時間以内に服用することで、ウイルスの増殖を抑えることができ、症状を軽減することが出来ます。
しかし、タミフルに関しては2005年頃に10代の未成年が服用した際に異常行動を起こし、死亡事故に繋がったため10代に用いる際は注意と制限がされています。
また、イナビルに関してはアンケート調査をしたところ、5歳以上の小児が適切に吸入できると示しているので、吸入がきちんとできるのであれば年齢制限がないようです。
インフルエンザの治療薬を用いる際は、医師と相談した上で適切な薬を処方されるとよいでしょう。

Proudly powered by WordPress and Sweet Tech Theme