インフルエンザになり易い人は免疫力下げない事が大切

インフルエンザは免疫力が低下した時にかかりやすくなります。
かかりやすい人は免疫力を高める事が大切ですから日常生活の中で免疫力がアップできるように体調管理をする事が大事です。
慢性的な睡眠不足は免疫力を低下させ、疲労が蓄積されるのでインフルエンザにかかりやすい状態になります。
睡眠不足は自律神経が乱れるので白血球のバランスが崩れ、免疫力が低下します。
睡眠不足にならないように6時間位の睡眠時間の確保が必要です。
運動不足も免疫力の低下の原因となります。
血行不良や代謝不良になり体に老廃物がたまり免疫力が低下します。
インフルエンザにかかりやすい人はウォーキングなど有酸素運動を日々の生活に取り入れる事が有効です。
軽い有酸素運動は全身の血行を促進して代謝をよくするので体内のウイルスを攻撃する細胞を活性化させる事ができます。
腸内環境の乱れは免疫力低下の原因となりますからチーズやヨーグルトなどの乳製品やバナナ、こんにゃくなどの食物繊維を積極的にとると腸内の善玉菌が増加するので免疫力を高める事ができます。
インフルエンザにかかりやすい人は腸内環境を整えバランスを崩さないように日々の生活の中で注意が必要です。
ウイルスから体を守るリンパ球は半分以上が腸内にいます。
冷えやお酒の飲みすぎ喫煙なども免疫力の低下を起こします。
冷え性の人は体温が低く免疫力が低下して病気にかかりやすくなりますから体が温まるように使い捨てカイロや腹巻などを利用して体を冷やさないような工夫をする事が大切です。
喫煙は免疫力の維持をする事に効果のあるビタミンCを破壊します。
お酒の飲み過ぎも自律神経を乱すので白血球のバランスを崩す事になります。

Proudly powered by WordPress and Sweet Tech Theme