インフルエンザについて

インフルエンザは11月から3月までの乾燥している冬季に流行るウイルス性の感染症です。
感染しますと風邪と似たよう症状が出ますが、あまくみてしまうと死に至ることもある怖い病です。
インフルエンザウイルスに感染すると高熱は38~40度の熱や頭痛、のどの痛み、咳・痰喉の呼吸器の炎症症状、関節の痛み、全身の倦怠感などが出ます。
風邪に比べると症状が重いため、持病を持っている方や高齢者が掛かると肺炎を起こしてしまうことや、持病を悪化させてしまうこともあるため、最悪の場合には死に至るケースもあるようです。

インフルエンザに感染した方が周りにいると感染しやすく、通常1~3日潜伏後に発症し健康な方は約1週間程で完治します。
インフルエンザは空気感染、接触感染、咳や唾などの飛行感染が原因で感染すると言われています。

インフルエンザに感染しないためにも予防や対策が必要となります。
感染しないためには、常にマスクをしうがいや手洗いを心がけてください。
また、インフルエンザウイルスは乾燥を好むので、室内の湿度を50~60%にすることでウイルスの活動を抑えることができます。

インフルエンザにかからないためにも事前に予防接種をされるか、流行前にタミフルを服用して予防されることをお勧めいたします。

■インフルエンザで奪われた体力回復に
ニンニク注射

Proudly powered by WordPress and Sweet Tech Theme